BURLESQUE(バーレスク)について

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

burlesque(バーレスク)

本来は文学、演劇、音楽などにおいて

正統的な作品を改作、戯画化したもので

もじり詩、風刺文、戯作、茶番狂言などをいうが

今日一般には各種のショーの間に

挿入されるコントや物真似(まね)など大衆的な演芸を称していう。

「悪ふざけ」「冗談」の意のイタリア語ブルラburlaから発した

ブルレスコフランス語ビュルレスクburlesqueとなり

さらに英語化したもので、ドイツではブルレスケBurleskeという。

 

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
burlesque(バーレスク)

 

タリア語の burla (冗談,からかい) を語源とし

1718世紀のイギリスでは,

同時代の文学や演劇,音楽作品などを風刺したパロディーの意。

19世紀に入って風刺・批評の意味は薄れ,アメリカでは歌や踊り,

寸劇,アクロバットなどをとりまぜた大衆的な娯楽となって発展した。

 


バーレスクの意味を大事にし、

社会風刺やコメディ要素の強い作品が

大納言はぴ子のburlesqueの特徴です。

 

皆様に親しみやすいよう、

「コミックバーレスク」と名前を付けて、

チラリズムありセクシーかつ

女性も子供も楽しめるハッピーエンターテイメントを

目指しています。

 

 

何でバーレスク?

脱がなくても、今まで役者もMCも歌も自分を表現できる事っていっぱいやってきたのに
何でバーレスクを選んだの?と聞かれることがあります

私ね、バーレスク、男性だけじゃなくて女性にも子供にも見てもらいたいんです。

「女」「露出」=下品 卑猥
みたいな感じに思う人が、残念ながら多いのです

ストリップからの歴史もあり
男性しか見れないものと思われがちで
見たことなくイメージだけが先行して品がないって言われることがあります

でも、そうじゃないねーーん!!!!

ムーラン・ルージュもラスベガスのショーもストリップも
色々見てきたけど
踊り子さんはみんな情熱持ってやってて

すごい芸術なんだって初めて見た時衝撃だったの

外国ではバーレスクやってるってすごいねって言ってくれるし

こう言う文化がまだ受け入れられてないのは日本が遅れてるからなんだって!!

だから、男性だけしかみれないんじゃなくて、女性も子供もみて、笑って、

数分間の中にドラマがあって、メッセージがあって、見た人で感想言い合って欲しい

ただ踊るだけじゃ、なかなかお客さんも飽きるけど、メッセージを伝えるための

注目させる手段として、脱いでいくのであって、

根本はハッピーを伝えること

 

だからね、私のバーレスクは
女性も、ちびっこも見て楽しんでもらえます

ショーを家族で見て、面白かったね!

って思い出話しに残るようなそんなショーを作っています

 

そして 一人でも多くの人に 

この素敵な舞台芸術であるバーレスクを知ってもらえますように

 

大納言はぴ子